頼れるコンサルタント|高く売って起業資金を得る会社売却術|貸店舗で格安開店できる

高く売って起業資金を得る会社売却術|貸店舗で格安開店できる

メンズ

頼れるコンサルタント

握手

会社売却を行なう上でのポイントとして、自社を売る相手となる企業のマッチングとエグゼキューションが重要となります。相手の会社とのマッチングとは、M&Aによって売却する場合において、自社と相手企業との業務の親和性のことを表しています。もしも全く別業種の企業へ会社売却を行なう場合、相手の企業は自社の業務における理解度が低いため、判断材料として株価や年間の収益率などで判断することとなります。少しでも株価や収益率が低くなっていれば、その点を指摘され交渉によって安い値段で買い叩かれる恐れもあるため、問題となるでしょう。しかし、相手の企業と同じような業種であれば、相手企業もこちらの会社の業務における将来性や、相手企業の業務拡大による将来的な収益性なども加味してくれます。同じ業種であれば、経営戦略上の展望などによって高く評価してもらえることもあるため、会社売却をするなら企業マッチングに合致した会社が最適といえます。

企業間のマッチングのほか、エグゼキューションによるあり方も、会社売却を行なう上で重要となります。エグゼキューションとは条件交渉におけるスタンスのことであり、しっかりとしたスタンスで交渉を行なわなければ、交渉次第で損をしてしまうこともあります。買い手となる相手企業は、こちらの会社を買収するにあたり、さまざまなリスクの洗い出しを行なっています。どの会社でもリスクを抱えることは避けるため、こちらの会社の弱点を見つけてリスクを指摘し、安い値段で会社売却するよう交渉してくることがあります。しかし、こうした交渉は決して相手を騙してやろうとするような企業ばかりではなく、善良な会社でも行なわれるものです。相手からの交渉を全て突っぱねるような交渉をすると、買い手がつかないこともあるため、会社売却をする場合はある程度の値段での手打ちをしなければならないのです。このような交渉を行なう場合、M&Aなどに詳しい専門のコンサルタント会社へ依頼するとよいでしょう。相手企業との間に立ち、より有利な条件での交渉に持ち込んでくれるでしょう。